60KSインテリア茶箱

冬休み主人の実家でたまたま茶箱の話になりまして、使用していない不要の茶箱があり処分しようと思っているということで、それならばと私が頂くことになりました。
主人の祖母さまが生前着物を入れるのに使ってらした茶箱らしく、60KSという大きなサイズです。

実はインテリア茶箱をこれまでに3つ仕上げた事がありました。インテリア茶箱作りは大変な作業ですので、初めて作った時は疲れきってしまいました。2、3回目はスーパーキットという、少し楽に作れるものでした。

それで少し自信がつきまして、自分一人で茶箱作りをしてみようかしらと思っていた矢先のことでしたので、本当に不思議なタイミングだと思いまして、同時に頑張っている私へのおばあさまからのプレゼントの様な気がしたのです。

捨てる神あらば拾う神あり、とは当にこのような事をいうのでしょうね。

ちょうど六本木で開催されていましたマリーアントワネット展に行ったばかりでしたので、マリーアントワネットも愛したトワルドジュイ柄の田園風景のお生地にしました。

中にはカルトナージュに必要な生地が沢山入っています。

祖母さまには生前にお会い出来ませんでしたが、私が大切に引き継いだ事を主人は心底喜んでいました。もしかしたら、皆さんのご実家にも眠っている茶箱があるかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中